「ロックダウンの必要性の議論を」維新・遠藤氏が問題提起

 日本維新の会の遠藤敬国対委員長は23日の衆院議院運営委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために「ロックダウン(都市封鎖)は必要ではないかということを、国民的な議論として考えるべきではないか」と問題提起した。
(ニュース速報)