「厳しい状況」宣言地域の3府県知事、危機感あらわ

 「厳しい状況だ」「協力をお願いしたい」。新型コロナウイルス特別措置法にもとづく緊急事態宣言の3回目の発令が決まった23日、大阪、京都、兵庫3府県の知事からは、経済活動や市民生活をまたもや大きく制限することについて、住民の理解を得ようとする発言が相次いだ。
(ニュース速報)