Skip to content

「娘の死無駄にしない」組織罰実現へ今なお精力、JR脱線事故で長女亡くした遺族

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 乗客106人が犠牲となった平成17年4月のJR福知山線脱線事故から25日で16年となるのを前に、事故の遺族らが企業の刑事責任を問う「組織(法人)罰」の創設を目指して、その必要性を訴える書籍をまとめた。安全対策が後手になっても、なぜ罪に問われないのか-。事故以来抱えてきた疑問の立法解決に向け、遺族は闘いを続けている。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top