Skip to content

【これぞ男の時代劇 原田芳雄の世界を見たか】円熟期は“育ての親”役で存在感 印象深いのは「あずみ」と「どろろ」

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 復讐(ふくしゅう)の旅を続ける渡世人、大勢の敵を相手に暴れまわる浪人など、時代劇では独特の翳を感じさせるアウトローを演じることが多かった原田芳雄は60代以降、若い主役たちに強い影響を与える“育ての親”といった役が増えた。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top