【もう1回みたい!橋本壽賀子ドラマはこれだ】「おしん」 描きたかったのは「辛抱」ではなく「身の丈に合った生き方」、奥底に見える精いっぱい生きれば十分という優しさ

 NHK朝ドラ第31作として放送された『おしん』は日本だけでなく、世界で愛される橋田ドラマの代表作だ。明治、大正、昭和の激動を生き抜くヒロインのおしんを、子役の小林綾子、娘時代の田中裕子、老年期の乙羽信子の3人が演じた。
(ニュース速報)