Skip to content

【ダッグアウトの裏側】エンゼルス・大谷翔平、驚くのは本数よりも飛距離 低反発球も関係なし

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(27)に対する松井秀喜氏(47)のコメントを興味深く読んだ。ヤンキース移籍2年目の2004年に31本塁打。日本選手のシーズン最多本塁打記録だったが、半分以下の打席数(松井氏の674に対して大谷は315)で並ばれた。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top