月刊SailorsBLUE セイラーズブルー

【ニュースの核心】「台湾有事」矮小化する左派!? 甘い外交態度が相手の強気を誘発、菅政権は防衛する意思を明確にすべき

【ニュースの核心】「台湾有事」矮小化する左派!? 甘い外交態度が相手の強気を誘発、菅政権は防衛する意思を明確にすべき

 麻生太郎副総理兼財務相が「安全保障の常識(真実)」を披露した。習近平国家主席率いる中国共産党政権による「台湾有事」が勃発した場合、「日本有事」に直結するとして、「日米両国による台湾防衛」に言及したのだ。台湾外交部(外務省)は歓迎し、中国外務省は反発しているが、日本の左派政党とマスコミはなぜか静かなのだ。これまで、麻生氏の発言にイチャモンを付けて、散々批判してきただけに、実に不気味だ。ジャーナリストの長谷川幸洋氏が考察した。
(ニュース速報)

前へ Page

次へ Page


Copyright © 2014-2022 月刊SailorsBLUE セイラーズブルー All Rights Reserved.

Designed by Yumi Published by 読進社