Skip to content

【ニュースの核心】欧米に「闘争」習氏の100年演説 先行きは内憂外患で爆発寸前 与野党祝電に米欧あきれ

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 中国共産党の習近平総書記(国家主席)が、欧米諸国との軍事的対決を強く示唆した。党創建100年を記念した演説で、自由・民主主義陣営との関係悪化を念頭に「闘争」という言葉を繰り返し、国民に覚悟を求めたのだ。自国の人権弾圧や軍事的覇権拡大に対する反省や逡巡(しゅんじゅん)は皆無のようだ。米国では、新型コロナウイルスの「起源」をめぐる追加調査も進んでおり、来年の北京冬季五輪のボイコットも現実味を帯びてきた。内憂外患の習中国。ジャーナリストの長谷川幸洋氏が、暴発寸前の「赤い帝国」に迫った。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top