【内田浩司のまくり語り】いつも笑顔で温厚な神山雄一郎からもらったフレーム

 この前、神山雄一郎が小倉を走っていた。4月でひとつ年を重ね、53歳になっていた。残念だが、彼のグランドスラムはもう現実的ではなくなった。それでも、達成可能な大記録がまだあった。あとひとつで記念(GIII)の優勝回数が100回なのだ。これは決勝に乗ればメンバー次第でまだまだ可能だろう。
(ニュース速報)