Skip to content

【内田浩司のまくり語り】サクランボと優しい山形弁とちょっとうるさめな方言

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 「中野カップ」と「吉岡カップ」が開催されるこの時期に、今年も山形県の蔵王からサクランボがわが家に届いた。品種は最高級品の佐藤錦。送り主は武田清彦さん(39期・引退)。現在63歳の武田さんは70年代後半から90年代にかけて、北日本の自在型として特別競輪でも活躍された息の長いスター選手だった。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top