【凄腕アナリスト ザ・覆面】半導体の新星「トレックス・セミコンダクター」 経常益4期ぶり最高益更新 国内唯一の半導体受託製造専業メーカー持つ

 米国と中国の経済・外交摩擦が強まる中で、半導体の地政学リスクが増している。米国では5月中旬に、国内における半導体生産・研究の増強に向けて、5年間で520億ドル(邦貨換算5兆6700億円強)を支援する超党派法案が公表された。日本でも4月の成長戦略会議で、先端半導体製品の国内生産拠点を整備するために、投資支援策の検討を開始したことが伝えられている。
(ニュース速報)