Skip to content

【勝者のワザ】鈴木愛 転がりのよいパッティングのポイント 資生堂レディスオープン優勝

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 実に595日ぶりの優勝。鈴木愛が長かったトンネルを抜け出してツアー通算17勝目を挙げた。雨で72ホールが36ホールに短縮された同オープン。最終日の終盤16番パー5ホールで奪ったイーグルが、最大の勝因ではあった(ピンまで97ヤードの第3打をPWでカップイン)が、これをウイニングショットに仕立てさせたのは、そこまでバーディーチャンスで決め、ピンチをしのいできたパッティングだった。これこそが、鈴木本来の持ち味である。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top