Skip to content

【宇宙開発のボラティリティ】イーロン、ベゾスに勝利し狂喜乱舞 最新宇宙ニュースの「深層」

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 宇宙探査におけるビッグプロジェクトが数多く予定されている2021年。とくにこの4月には宇宙開発を大きく進展させるイベントが続いてます。その主役となるのは、月着陸船のコンペに勝利したスペースX社と、史上初の火星探査ヘリを成功させたNASAのJPL(ジェット推進研究所)。さらに、4月22日(木曜)には星出彰彦氏がISSの船長として打ち上げられ、その一週間後には野口聡一氏が地球へ帰還します。
(マネーニュース)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top