Skip to content

【専欄】中国で民営企業の両雄転落 米中経済戦争のあおり、解体の危機も

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 中国の民営企業は高度成長の機関車役として存在感を高めており、いまや国内総生産(GDP)に占める比率が6割、税収に占める比率が6割、雇用に占める比率に至っては8割も占めている。その民営企業の先頭に立ってきたのがアリババグループ、華為技術(ファーウェイ)の両雄だったが、ここにきて“つるべ落とし”とも言えるほどの転落ぶりを見せている。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top