【昭和のことば】女子バレー、大松博文監督が編み出した「回転レシーブ」(昭和37年)

 床に拳をはわすようにしてゴロゴロと回転しながらレシーブをする、例のアレである。当時の女子バレーボール、日紡貝塚チームを率いる大松博文監督が編み出した技である。
(ニュース速報)