【書評】『鳥獣戯画のヒミツ』宮川禎一・著 舞台は「月」?新鮮な読み解き

 京都・高山寺に伝わった国宝「鳥獣人物戯画絵巻」-いわゆる鳥獣戯画全4巻のうち甲巻といえば相撲をとるカエルとウサギなど、いきいきとした筆遣いによる愛嬌(あいきょう)たっぷりの動物たちが思い浮かぶ。
(マネーニュース)