Skip to content

【桂春蝶の蝶々発止。】大谷は「道をつくる、一流の二刀流」 張本氏の「喝」は活躍盛り上げに不可欠

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 「道を追うのは三流、道を選ぶのが二流、道をつくるのが一流」 こんな言葉を聞いたことがあります。そういえば、アントニオ猪木さんは引退セレモニーで、「この道を行けばどうなるものか。危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となる。迷わず行けよ、行けば分かるさ!」と言っていました。一流はまさに、「前人未到の地」を踏んでは、後進に道をつくるものなんでしょうな。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top