【週末、山へ行こう】実は険しい「房総のマッターホルン」 伊予ケ岳(千葉県) 標高336メートル

 先週紹介した房総半島の名山・富山(とみさん)。そのすぐ東に位置するのが伊予ケ岳だ。比較的近い位置にあり、JR内房線の岩井駅またはハイウェイオアシス富楽里を起点に2つの山を合わせ登る登山者も多い。実際には稜線(りょうせん)でつながっているわけではないので、「縦走登山」ではなく低山をふたつ登る、という感じになる。ひとつ山を登って下り、周りの山を眺めながらのどかな集落を歩いてもうひとつの山に向かう感じだ。
(ニュース速報)