【eco最前線を聞く】損害保険ジャパン、持続可能社会へ企業マインドを変える

 持続可能な社会への移行を加速化させるため、世界40カ国・約200社の経営者が参加するWBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)は3月25日、2010年に策定した活動指針「Vision(ビジョン)2050」を見直した「同Refresh(リフレッシュ)」を公表した。1995年の設立時から日本唯一の金融機関として議論に加わってきた損害保険ジャパンCSR室の村上歌奈子氏は「今後10年間の企業行動が重要になるのでマインドを変えていく必要がある。同リフレッシュを“和訳”して、議論に参加していない日本企業を巻き込み、ステークホルダー(利害関係者)資本主義に変える」と話した。
(ビジネスニュース)