イラクで病院火災82人死亡 コロナ患者向け酸素爆発

 イラクの首都バグダッドで24日、新型コロナウイルスの患者が入院していた病院で火災があり、イラク内務省は25日、少なくとも82人が死亡、110人が負傷したと発表した。国営通信が伝えた。病院の保管庫にあった患者向けの酸素ボンベが爆発したことが原因の可能性がある。
(ヘルスケアニュース)