コロナ禍で政府が後押し「在籍出向」 新環境には配慮と納得が不可欠

 新型コロナウイルス感染拡大で雇用情勢に好転の兆しが見えない中、政府は勤め先と雇用契約を維持したまま従業員が他社で働く「在籍出向」の利用を後押しする。経営難で人件費を抑えたい企業と、好況で人手不足の企業が連携する取り組みだが、異なる業種や条件での就労が労働者にとって不利にならないよう、環境整備も課題だ。
(キャリアニュース)