三菱自動車1万6千台減産 5月、国内2工場とタイ

 三菱自動車は23日、世界的な半導体不足の影響を受け、5月に1万6千台規模で減産すると明らかにした。水島製作所(岡山県倉敷市)と岡崎製作所(愛知県岡崎市)の国内2工場と、タイの工場で実施する。工場の稼働を半日停止したり残業を減らしたりして対応するほか、従業員の一時帰休も検討する。
(ビジネスニュース)