Skip to content

与党全敗、揺れる解散戦略 「ポスト菅」も見当たらず

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 次期衆院選の前哨戦と位置づけられた25日投開票の衆院北海道2区と参院長野選挙区の両補欠選挙、参院広島選挙区再選挙が「2敗1不戦敗」に終わったことに与党が危機感を強めている。菅義偉(すが・よしひで)首相(自民党総裁)の政権運営に影を落とし、衆院解散戦略に影響を及ぼす可能性があるためだ。一方で、党内抗争は内閣と自民の支持率低下を招きかねず、表立った首相批判は控える雰囲気に包まれている。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top