Skip to content

中欧班列、第1四半期の輸送貨物量84%増

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 中国と欧州、「一帯一路」(巨大経済圏構想)沿線国を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の2021年第1四半期(1~3月期)の運行本数は3398本、輸送貨物量は32万2000TEU(20フィートコンテナ換算)で、運行本数と輸送貨物量はそれぞれ前年同期比75%増、84%増だった。全体的な貨物の搭載率は96.5%。中国国家発展改革委員会(発改委)が発表した。往路の運行本数は同77%増の1858本、発送貨物は同91%増の18万2000TEU。復路の運行本数は同73%増の1540本、発送貨物は同77%増の14万TEUだった。3月末現在までの防疫物資の輸送量は計1104万6000点の8万9000トン。中欧班…
(政治経済ニュース)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top