厚労省「クラスター」 新たに10人、計27人に

 厚生労働省は20日、新型コロナウイルスに感染した職員が新たに10人判明したと公表した。3月末時点で老健局に所属していた感染者は計27人に増え、厚労省は、調査している国立感染症研究所が「クラスター(感染者集団)と言って差し支えない」との見解を示したと明らかにした。職場内の共用部分を通じて感染が広がった可能性がある。
(ヘルスケアニュース)