大阪府 新型コロナ対策で軽・中等症420床追確保めど 

 大阪府の吉村洋文知事は26日、新型コロナウイルス対策で病院に追加確保を求めていた軽症・中等症病床約1100床のうち、約420床の確保のめどが立ったと明らかにした。半数の約210床は今週末までに運用する方針。医療体制が厳しさを増す中、コロナ病床の稼働効率を上げるため、府は同日、感染力がないと判断された患者を一般病床で受け入れる病院に協力金を支給する独自の緊急支援事業を始めた。
(ニュース速報)