Skip to content

天然砥石の研ぎ味と切れ味を追求した高品質の人造砥石

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 今では砥石を使って包丁を研ぐ家庭は減ってきているかもしれないが、日本では古来より「砥ぎ文化」というものが存在する。昔は刃を研磨する道具に、自然の山などから採掘する天然砥石が使われてきたが、現在は採掘できる鉱山が減り、人工の研磨剤などを用いた人造砥石が普及している。 天然砥石は研いだ後の鋭い切れ味や輝き、また長く愛用できる耐久性が特長。しかし、天然砥石は個体差があり、包丁に合った砥石を選ぶことが初心者には難しい。一方、人造砥石は品質が安定しており扱いやすく、価格もお手頃。ただ、天然砥石に比べ、砥ぐ際に必要な水分を保ちにくく、粒子が尖っているため、刃に傷が入りやすいというデメリットがある。 そこ…
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top