Skip to content

宇宙船の再利用時代 コスト減で飛行に弾み

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 星出彰彦さんが搭乗した米スペースX社の新型宇宙船クルードラゴンは、一度使用した機体を初めて再利用した。安全性を担保しながら複数回使うことで宇宙への輸送コスト低減につなげる狙いがある。「再利用時代」の本格的な到来により、有人宇宙飛行の活性化が期待されている。
(ビジネスニュース)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top