Skip to content

容易でない政府目標達成 排出量削減ペース加速、原発新設も

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 菅義偉首相は22日の気候変動サミットを前に2030年度の温室効果ガス排出量の国別削減目標(NDC)を「13年度比46%削減」にすると表明した。現状の「13年度比で26%削減」から削減幅を大幅に積み増した形だが、達成までの道のりは決して容易ではない。目標達成には排出量削減ペースをこれまで以上に加速する必要があり、エネルギー政策の大幅な見直しは不可避だ。運転時に二酸化炭素(CO2)を排出しない原子力発電所の新設なども含めた、気候変動問題に正面から向き合う施策が必要となる。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top