巨人・原監督、ベテラン炭谷に懸けた 短期決戦のような采配で708日ぶりソフトバンクに勝利

 巨人は30日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)で接戦を制し、同カードでの屈辱の大連敗を「14」でストップ。原辰徳監督(62)は第3次政権発足時、いの一番に獲得した炭谷銀仁朗捕手(33)との“心中”で、2019年6月22日以来708日ぶりに王者ホークスから白星を挙げた。
(ニュース速報)