感染拡大止まらぬ大阪「医療崩壊」との指摘も 病床追加確保急ぐ

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない大阪府では、専門家から「医療崩壊」との言葉も出る中、府は重症病床と軽症・中等症病床の追加確保を急ぐ。現場はコロナ対応と一般医療の役割を分担して病床の積み増しを図るが、「限界」が近づいている。
(ニュース速報)