Skip to content

携帯ショップの端末のみ販売拒否、3割近くも 総務省が覆面調査

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 総務省は26日、携帯電話の販売ショップの在り方などを議論する有識者会議を開き、通信契約せずに端末の購入だけを求める顧客に対し、販売を拒否するケースがあったとする覆面調査の結果を公表した。KDDIでは3割近くが拒否しており、回線契約に依存したビジネスモデルの問題点が浮かび上がった。携帯ショップを仲介しないオンラインによる契約が増えて事業環境が悪化する中、ビジネスモデルの転換が求められている。
(ビジネスニュース)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top