政府、緊急事態宣言近く判断 東京都も要請へ

 政府は20日、新型コロナウイルスの感染が拡大している大阪府を対象に特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を判断するため菅義偉首相も出席して関係閣僚による協議を首相官邸で行い、本格的な検討に入った。宣言の発令を視野に今週中に結論を出す。首相は協議後、記者団に「状況を精査し、対策の中身を検討し、速やかに判断したい」と述べた。
(ヘルスケアニュース)