政府、4都府県で緊急事態宣言を決定 首相「短期集中で感染者抑える」

 政府は23日、新型コロナウイルス対策本部会合を首相官邸で開き、東京、大阪、兵庫、京都の4都府県に対し、特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を決めた。期間は25日から5月11日の17日間。基本的対処方針には酒類やカラオケ設備を提供する飲食店に休業要請するなど、厳しい措置を盛り込んだ。宣言発令は昨年4月と今年1月に続いて3度目となる。
(政治経済ニュース)