断交後初、米臨時大使が台湾公邸訪問 中国牽制でさらなる関係強化へ 識者「日本も安倍晋三前首相が訪台を」

 駐日米国大使臨時代理大使のジョセフ・ヤング氏は24日夜、台湾の駐日大使にあたる台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表と、都内の代表公邸で意見交換した。米大使級が、台湾代表公邸を訪れて交流するのは、1979年の米台断交後初めて。中国共産党政権による軍事的覇権拡大が、台湾の平和と安定を脅かすなか、米台関係強化を図ったようだ。
(ニュース速報)