東京の五輪開催の影響を試算、東京大院准教授ら 海外選手ら入国の影響は限定的 国内在住者の人流増加の抑制がポイント

 東京五輪の開催まで2カ月に迫った。水際対策や医療提供体制が課題だが、東京大大学院経済学研究科の仲田泰祐准教授と藤井大輔特任講師が、選手や関係者の入国による東京都内の感染拡大は限定的で、国内在住者の人流増加の抑制がポイントとなるとの試算をまとめ、公表した。
(ニュース速報)