Skip to content

東京五輪、コロナ禍で逆に日本金ラッシュも…待ち受ける“乾いた拍手”

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 東京五輪の開会式を23日に控え、日本オリンピック委員会(JOC)は6日、都内で日本選手団の結団式、壮行会を行った。史上最多582人が日の丸を背負って望む晴れ舞台。JOCの山下泰裕会長(64)は4年前から掲げてきた、過去最多「金メダル30個」の目標を先月末に突如撤回した。いまだ国内で、くすぶる新型コロナウイルスの影響を意識したものだが、コロナ禍がかえって日本勢の金メダルラッシュの呼び水になるとの観測が強まっている。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top