Skip to content

無観客五輪は“菅首相の敗北” 識者が痛烈批判 門田氏「反五輪の圧力に屈した」 木村氏「再発令の根拠は説明必要」 小川氏「菅おろしのシナリオも」

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 本当にこれでよかったのか。菅義偉政権が東京都の新型コロナウイルス緊急事態宣言発令を決め、東京五輪が首都圏で無観客となった背景には、感染症専門家の意見や世論への配慮がうかがえるが、なぜか評判が芳しくない。「反五輪」のリベラル勢力やメディアの圧力に押され、コロナを必要以上に恐れる姿勢に、識者からも厳しい批判が相次いだ。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top