病床使用率、10府県で50%以上

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、病床の使用率が関西圏を中心に10府県でステージ4(爆発的感染拡大)相当の50%以上となったことが、厚生労働省が23日に公表したデータで分かった。前週の16日公表時点から石川と三重、滋賀、京都の4府県が加わった。25日からは3度目となる緊急事態宣言が発令されるが、医療体制がより一層逼迫(ひっぱく)の度合いを増している現状が浮かび上がった。
(ヘルスケアニュース)