米野党、インフラ投資計画で対案 増税なしで道路整備などに61兆円

 米野党の上院共和党は22日、バイデン政権が掲げる巨額インフラ投資計画への対案として、5年間で5680億ドル(約61兆円)を道路整備などに費やす独自案を発表した。支出を絞り込み、法人税などの増税はしない。政権側との交渉のたたき台としたい考え。
(政治経済ニュース)