緊急事態での休業始まる、解除時期に焦点 「期間限り強い措置」「解除慎重に」

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京、京都、大阪、兵庫の4都府県で25日、3度目の緊急事態宣言が発令され、対象地域では酒類を提供する飲食店、百貨店をはじめとする商業施設などが一部売り場を除き休業に入った。政府は人の流れを大幅に減らし、感染を抑え込みたい考えだ。期間は大型連休を含む5月11日までの17日間。早くも5月11日で解除できるのかが焦点となっている。
(ビジネスニュース)