鉄道施設のハイテク点検続々 人手・予算不足に対処、国交省が後押し

 鉄道施設の点検に最新技術を活用する動きが広がっている。使用期間が100年を超え老朽化が進んでいる例もあり、安全運行には確実なチェックと修繕が欠かせない。人手や予算の不足に悩む事業者が多い中、現場作業の効率化が期待されており、国も取り組みを後押しする。
(ビジネスニュース)