Skip to content

阪神・佐藤輝明“真価”問われる後半戦 球宴ファン投票、新人初リーグトップ得票数

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 「マイナビオールスターゲーム2021」(7月16日=メットライフドーム、同17日=楽天生命パーク宮城)のファン投票最終結果が28日に発表され、セ・リーグ首位の阪神から大量7人が選出された。1週間前の中間発表最終回で両リーグトップだった阪神・佐藤輝明内野手(22)は、オリックス・吉田正尚外野手(27)に抜かれて2番手に転落したものの、新人で史上初となるリーグトップの得票数を集めたのは立派だ。ただ、最近打撃は下降線で、阪神の快進撃にもかげりがみられるだけに、“過大評価”と言われないためにはここからが正念場だ。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top