Skip to content

EU欧州委がAI利用ルール案 「監視社会化」中国牽制の見方も

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 【ロンドン=板東和正】欧州連合(EU)欧州委員会は人工知能(AI)の利用に関するEU初の規制案をまとめた。監視社会化を防ぐため、公共の場で顔認証技術を捜査に利用することなどを原則禁止するとした。違反すれば高額の罰金が科される仕組みで、法的拘束力を持つAIの包括的な規制は世界でも異例とみられる。EUは市民の権利を保護するルールを整備し、AIの技術革新を推進する狙いだ。
(ビジネスニュース)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top