NY株反発、316ドル高 米景気回復の加速期待

 21日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発し、前日比316・01ドル高の3万4137・31ドルで取引を終えた。米国内で新型コロナウイルスワクチンの接種が想定以上に早く進んでおり、景気回復の加速を期待した買いが優勢となった。
(ニュース速報)