WHO総会が台湾排除、無責任さと問われる存在意義 中国のなりふり構わぬ反対が背景に

 24日、オンライン形式で開幕した世界保健機関(WHO)の年次総会で、非加盟の台湾のオブザーバー参加は中国の反対で認められなかった。台湾の参加は2017年から5年連続で実現しなかった。中国から広がった新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)だが、習近平政権の身勝手ぶりとWHOの無責任さが目立った。
(ニュース速報)