40年超原発の「安全性改善」 福井県専門委が知事に報告

 福井県にある運転開始から40年を超えた関西電力の原発3基の再稼働をめぐり、県原子力安全専門委員会の鞍谷文保委員長は22日、県庁で「ハード、ソフト両面から安全性の改善が図られた」とする報告書を杉本達治知事に提出した。知事は「丁寧かつ慎重な審議で安心した。安全性が向上した印象を受けた」と述べ、自身も早急に3基を視察する意向を示した。
(政治経済ニュース)