Skip to content

ANAがCO2実質ゼロを目標 50年度、再生燃料活用が柱 

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 ANAホールディングスは26日、2050年度に二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロとする目標を設定したと発表した。廃油など非化石資源由来のジェット機燃料の活用を柱とし、燃費の良いエンジンを搭載した最新機材への更新も寄与する。日本航空は既に同じ目標を表明しており、航空大手2社で脱炭素社会に向けた具体的な取り組みが出そろった。
(ビジネスニュース)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top