B型肝炎、再発患者も救済対象に 最高裁が2審判決を破棄差し戻し

 集団予防接種によるB型肝炎患者をめぐり、20年以上前の最初の発症でなく、再発時を基準に損害賠償を国に請求できるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(三浦守裁判長)は26日、再発時を基準とすべきだと判断し、患者側敗訴とした2審福岡高裁判決を破棄した。その上で賠償額の計算のため、審理を高裁に差し戻した。
(ニュース速報)