Skip to content

CO2と水素から合成燃料商用化 経産省方針、40年までに

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 経済産業省は、脱炭素社会実現に向け、二酸化炭素(CO2)と水素を原料にした合成燃料の2040年までの商用化を目指す方針を明らかにした。合成燃料は工場などが排出したCO2と、水素を使って製造する。燃焼するとCO2が出るが、製造時に利用したCO2と相殺して排出量は実質ゼロとみなせる。開発に取り組む企業への支援策を今後検討する。
(政治経済ニュース)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top